双子妊娠36週目(10ヶ月)の最後の妊婦健診!次回は入院です!

双子妊娠36週目(10ヶ月)の最後の妊婦健診!次回は入院です!

双子妊娠36週目(10ヶ月)の最後の妊婦健診!次回は入院です!

 

臨月になって初めての、でも最後の妊婦健診!

今日は2週間ぶりの妊婦健診でした〜。

前回の記事はこちら↓

前回の34週の健診の時に、子宮頸管長5mmで、子宮口が指1本開いてると言われてから、いつ産まれてもおかしくないんじゃないかとソワソワしながら過ごしたこの2週間・・・

かなり長く感じました・・・・

こんなに妊婦健診を待ちわびたのは妊娠初期以来だと思います。

 

途中35週あたりの時に、お腹の張りが10分〜15分間隔であり、生理痛のような腰の痛みもあったので病院に連絡したことがありました。

その時は出血などなく、お腹の痛みも我慢できるほどだったので自宅で様子を見るように言われてから、張りの間隔も落ち着いたので結局病院へは行かずでした。

 

母体と赤ちゃんの様子

前回に比べ体重がプラス1.3kg

浮腫み +

尿蛋白 ++

尿糖 −

血圧 110/71 でした。

 

双子ちゃんの体重は

右の子 2450g くらい

左の子 2550g くらい でした。

 

どちらも順調に週数程度の大きさに育ってくれてました。

しっかり体重もあるので予定より早く産まれても少しは安心できます。

お腹は限界だけど・・・笑

 

今日は最後の妊婦健診ということもあり、付き添いの主人と娘も一緒にエコーを見てくれました。

娘も1歳9ヶ月ながらお腹に赤ちゃんがいるのをわかっているので、見ながら『赤ちゃん』と言っていました。

もう臨月までなると体の一部しか見えないし、頭も骨盤にはまって見えなかったけど、久しぶりに見たエコーに主人も感動してました。(多分)

きっともう妊娠は今回で最後だと思うと、私もなんだか少しだけさみしい気持ちに・・・

 

胎動について

そして気になっていた胎動について質問してみました。

いつも左側ばかりポコポコ・グニョーンと胎動を感じるので、右の子が元気ないんじゃないかと少し心配で・・・

エコーで見てみると、2人とも頭が下の体勢で、右の子は足が左側に向いているので左側で感じるのも右の子のキックかもと。

お腹の右側は右の子の背骨があるので胎動を感じにくいのもそのせいでした。

ちなみに左の子の頭は骨盤に入ってるので少し下に来ていて、左の子の蹴りも左で感じます。

とにかく2人とも元気ならよかった〜!!

 

エコーの後は内診と細菌の検査

子宮頸管は前回と変わらず5mmくらい。

子宮口の開きも指1本くらいと言われました。

最近は娘を抱っこすることも多く全然安静にしてないので、前回より開いてたらどうしようと思ってましたが、前回と変わらずでした。

先生からも、経産婦なのでこれくらいが普通だと言われました。

なので特に安静の指示も出ず。

出血・破水・お腹の張りの間隔が短く、我慢できない陣痛のような痛み(経産婦なのでわかるでしょと)があればすぐ連絡してね〜ということでした。

 

いよいよ次回は入院です

今回が最後の妊婦健診となり、次はいよいよ予定帝王切開に向けての入院の日となります。

入院に向けての再度簡単な説明と確認があり、あーもうほんとにいよいよなんだなぁと実感が湧いてきました。

初めての手術で、麻酔やお腹を切ることについての不安。

1歳9ヶ月の娘と離れる不安。(しかも個室には入れないので手術日は会えない)

手術後、翌日からの歩行練習と母子同室(しかも双子)の不安。

などなど・・・不安もいっぱいあります。。

が!!

ここまで無事にお腹の中で育ってきてくれた双子ちゃんにもうすぐ会えると思うと早く会いたーい!!

妊娠糖尿病にはなったけど、管理入院などもなくここまでこれたことに感謝です!!

入院日はあと8日後。

それまで娘とたくさん遊んで、少しくらい離れても平気なように愛情たっぷりチャージしときます!!

 

そして無事産まれたら美味しいものをたくさん食べたーい!!!(結局そこかい!笑)